ブログ全記事表示


最近の記事


プロフィール

ジ ン ガ

Author:ジ ン ガ
1966年12月3日 土曜日生まれ
射手座、B型、動物占いではコアラ

好奇心旺盛、外出好き
涙もろい、おっちょこちょい
ロマンチスト、熱血漢
女性に対しては不器用

生まれも育ちも「大分県」
県南の、フグで有名な城下町に住む

★好きなもの色々
日の出、日の入り、富士山、雷、稲妻、入道雲、台風、荒波、夜明け前の時間(ミッドナイトブルーの時間)、一人旅、夏、海、海水浴、月夜の海、山のてっぺん、激流、静かな湖、滝、虎、馬、ワシ、ウルトラセブン、ゴジラ、かき氷、チョコレートパフェ、きなこ餅、トコロテン、アジのみりん干し、梅酒、天空の城ラピュタ、坂本竜馬、織田信長、勝海舟、スサノオノミコト、占い色々、人混みの中、コーヒー、キャンプ、群青色、焚き火の炎、水の中から見た空、虹、長い一本道、喫茶店、一人で過ごす時間、神社参詣

★プチ自慢
いつでもどこでもすぐ寝られる
食べ物に好き嫌いがない(味覚が鈍い?)
両耳と眉毛と鼻の穴を同時に動かせる
ロイヤルホストで13時間ねぱった事がある
立ち読み連続10時間(座らずに)

★その他いろいろ
カバラ数秘術では誕生数1、姓名数3(または4)

九星は「七赤金星」
宿曜星は「翼宿」
Kin39:青い宇宙の嵐
昭和41年、丙午(ひのえうま)
(人口ピラミッドの“くびれ”の部分)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
食べ物の好き嫌いは、子供にも大人にも、ある。



一度食べたら嫌だったので、それ以来、嫌いになった。

または、食わず嫌い。




好き嫌いの原因は、いろいろ。




親は、子供の好き嫌いを無くそうと努力する。

子供のためを思えばこそ、手を変え品を変え、なんとかして嫌いな食べ物を食べさせようとする。


せめて、好物にならなくても、いつでも平気で食べられるようになったら・・・と思う。

子を思う親の、切なる願い。




これは、食べ物の話に限らない。





人の好き嫌いも、同じ。




あの人は好き。
あの人は嫌い。



こういう人は好き。
こういう人は嫌い。



一度、付き合ってみて、それでダメだった。

または、食わず嫌い。




好き嫌いの原因は、いろいろ。




人間の場合、嫌いな人を避けようとしても、なぜか、同じようなタイプの人が目の前に現れてくる。



ここで疑問。

「じゃあ、一体、誰が、その人を自分の目の前に連れてくるのか」



さて・・・誰でしょう?


神様?  仏様?   まぁ、そんなことは、どうでも良かったりする。


でも、「せめて、好きにならなくても、いつでも平気で付き合えるようになったら・・・」

・・・と思ってくれている「存在」が居る。誰とは言わないけど。確かに、居る。


そして、嫌いな人というのは、実は、自分にとって一番、ありがたい人。

自分の中の、もっとも嫌な部分を「これでもか」と見せつけてくれる。

自分の中で「許せない」と思っている行動は何かを見せつけてくれる。


まさに「他人は鏡」とは、このこと。



目の前に現れた「鏡」は、自己の内面が表出したにすぎない。


結局のところ、「自分を全面的に許し、自分を全面的に好きになること」


それが、「嫌いな人」を受け入れられるようになるための「はじめの一歩」


親は、子供のために、好き嫌いがなくなるまで、いつまでも「嫌いな人」を連れて来る。





大変なんだけど、実は、とっても、ありがたい。


10054147.jpg


スポンサーサイト
性別、年齢、顔つき、体格、人種、国籍、肩書き、能力、技能、その他いろいろ・・・

世の中、実に沢山の「基準」がある。


でも、誰だって「一皮」むけば、「肉の塊」。

その「肉の塊」も、「一皮」むけば、「魂」。



その「魂」の芯は、「一点の光」。

目を閉じれば、真っ暗闇の中、キラリと光る「一点の光」。


夜空にまたたく星のように小さいけれど、その輝きこそが、ヒトの本質。




ヒトの本質は、一点の光。

それは魂の輝き。




そこまで行くと、もはや「世の中の基準」は、何一つ役に立たなくなる。



大きく光る魂もあるだろう

小さく光る魂もあるだろう


大きかろうと、小さかろうと、輝きの大小は、どうでもいい。



その輝きに曇りがないか。


せっかく授かった「一点の光」を、曇らせないような生き方をしているだろうか。


小さくともキラリと強い輝きを放っているだろうか。



磨けば、光る。

磨かざれば曇る。

磨くのは、自分。




静かに、自己に問う。



「汝の光は、曇りてはおらぬか」




h.jpg
(写真は北極星)



男と女が出会った。

二人の心に、何かが芽生えた。

小さな薔薇の蕾。

そのまま大事に育くめば、大きな花を咲かせるかもしれない・・・

そんな予感は、あった。


b186c03f92fff1e8cc362ec28dadbf53.jpg


しかし、男はいきなり、薔薇の蕾をむしり取った。

そして一方的に別れを告げた。

女は突然のことに驚き、心を痛め、辛さを訴えて男を責めた。



男には、既に妻子がいた。

だから、女と二人で薔薇の花を咲かせる訳にはいかなかった。

男は、摘み取った蕾を、そっと自分だけの心の庭に植えた。

そこは、誰も知らない、自分だけの心の花園。






男は、心の中で女に深く詫びた。

そして静かに決意した。

「お前だけに辛い思いはさせない。痛みや苦しみは、お前の分まで俺が引き受けてやる」




男の心の花園に植えられた小さな薔薇の蕾は、

いつか花を咲かせることがあるのだろうか。

それとも、時と共に枯れ果ててゆくのか。



たとえ花を咲かせたとしても、誰一人、一緒に愛でる者などいない。

男は今日も、一人静かに薔薇の蕾を見守っている。

かすかな痛みとともに。


20090610041932cfb.jpg




Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。