FC2ブログ

ブログ全記事表示


最近の記事


プロフィール

ジ ン ガ

Author:ジ ン ガ
1966年12月3日 土曜日生まれ
射手座、B型、動物占いではコアラ

好奇心旺盛、外出好き
涙もろい、おっちょこちょい
ロマンチスト、熱血漢
女性に対しては不器用

生まれも育ちも「大分県」
県南の、フグで有名な城下町に住む

★好きなもの色々
日の出、日の入り、富士山、雷、稲妻、入道雲、台風、荒波、夜明け前の時間(ミッドナイトブルーの時間)、一人旅、夏、海、海水浴、月夜の海、山のてっぺん、激流、静かな湖、滝、虎、馬、ワシ、ウルトラセブン、ゴジラ、かき氷、チョコレートパフェ、きなこ餅、トコロテン、アジのみりん干し、梅酒、天空の城ラピュタ、坂本竜馬、織田信長、勝海舟、スサノオノミコト、占い色々、人混みの中、コーヒー、キャンプ、群青色、焚き火の炎、水の中から見た空、虹、長い一本道、喫茶店、一人で過ごす時間、神社参詣

★プチ自慢
いつでもどこでもすぐ寝られる
食べ物に好き嫌いがない(味覚が鈍い?)
両耳と眉毛と鼻の穴を同時に動かせる
ロイヤルホストで13時間ねぱった事がある
立ち読み連続10時間(座らずに)

★その他いろいろ
カバラ数秘術では誕生数1、姓名数3(または4)

九星は「七赤金星」
宿曜星は「翼宿」
Kin39:青い宇宙の嵐
昭和41年、丙午(ひのえうま)
(人口ピラミッドの“くびれ”の部分)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
食べ物の好き嫌いは、子供にも大人にも、ある。



一度食べたら嫌だったので、それ以来、嫌いになった。

または、食わず嫌い。




好き嫌いの原因は、いろいろ。




親は、子供の好き嫌いを無くそうと努力する。

子供のためを思えばこそ、手を変え品を変え、なんとかして嫌いな食べ物を食べさせようとする。


せめて、好物にならなくても、いつでも平気で食べられるようになったら・・・と思う。

子を思う親の、切なる願い。




これは、食べ物の話に限らない。





人の好き嫌いも、同じ。




あの人は好き。
あの人は嫌い。



こういう人は好き。
こういう人は嫌い。



一度、付き合ってみて、それでダメだった。

または、食わず嫌い。




好き嫌いの原因は、いろいろ。




人間の場合、嫌いな人を避けようとしても、なぜか、同じようなタイプの人が目の前に現れてくる。



ここで疑問。

「じゃあ、一体、誰が、その人を自分の目の前に連れてくるのか」



さて・・・誰でしょう?


神様?  仏様?   まぁ、そんなことは、どうでも良かったりする。


でも、「せめて、好きにならなくても、いつでも平気で付き合えるようになったら・・・」

・・・と思ってくれている「存在」が居る。誰とは言わないけど。確かに、居る。


そして、嫌いな人というのは、実は、自分にとって一番、ありがたい人。

自分の中の、もっとも嫌な部分を「これでもか」と見せつけてくれる。

自分の中で「許せない」と思っている行動は何かを見せつけてくれる。


まさに「他人は鏡」とは、このこと。



目の前に現れた「鏡」は、自己の内面が表出したにすぎない。


結局のところ、「自分を全面的に許し、自分を全面的に好きになること」


それが、「嫌いな人」を受け入れられるようになるための「はじめの一歩」


親は、子供のために、好き嫌いがなくなるまで、いつまでも「嫌いな人」を連れて来る。





大変なんだけど、実は、とっても、ありがたい。


10054147.jpg


スポンサーサイト
性別、年齢、顔つき、体格、人種、国籍、肩書き、能力、技能、その他いろいろ・・・

世の中、実に沢山の「基準」がある。


でも、誰だって「一皮」むけば、「肉の塊」。

その「肉の塊」も、「一皮」むけば、「魂」。



その「魂」の芯は、「一点の光」。

目を閉じれば、真っ暗闇の中、キラリと光る「一点の光」。


夜空にまたたく星のように小さいけれど、その輝きこそが、ヒトの本質。




ヒトの本質は、一点の光。

それは魂の輝き。




そこまで行くと、もはや「世の中の基準」は、何一つ役に立たなくなる。



大きく光る魂もあるだろう

小さく光る魂もあるだろう


大きかろうと、小さかろうと、輝きの大小は、どうでもいい。



その輝きに曇りがないか。


せっかく授かった「一点の光」を、曇らせないような生き方をしているだろうか。


小さくともキラリと強い輝きを放っているだろうか。



磨けば、光る。

磨かざれば曇る。

磨くのは、自分。




静かに、自己に問う。



「汝の光は、曇りてはおらぬか」




h.jpg
(写真は北極星)



男と女が出会った。

二人の心に、何かが芽生えた。

小さな薔薇の蕾。

そのまま大事に育くめば、大きな花を咲かせるかもしれない・・・

そんな予感は、あった。


b186c03f92fff1e8cc362ec28dadbf53.jpg


しかし、男はいきなり、薔薇の蕾をむしり取った。

そして一方的に別れを告げた。

女は突然のことに驚き、心を痛め、辛さを訴えて男を責めた。



男には、既に妻子がいた。

だから、女と二人で薔薇の花を咲かせる訳にはいかなかった。

男は、摘み取った蕾を、そっと自分だけの心の庭に植えた。

そこは、誰も知らない、自分だけの心の花園。






男は、心の中で女に深く詫びた。

そして静かに決意した。

「お前だけに辛い思いはさせない。痛みや苦しみは、お前の分まで俺が引き受けてやる」




男の心の花園に植えられた小さな薔薇の蕾は、

いつか花を咲かせることがあるのだろうか。

それとも、時と共に枯れ果ててゆくのか。



たとえ花を咲かせたとしても、誰一人、一緒に愛でる者などいない。

男は今日も、一人静かに薔薇の蕾を見守っている。

かすかな痛みとともに。


20090610041932cfb.jpg



愛を貫いた男

彼は人を心から愛した。

彼の愛には一切の分け隔てが無かった。

彼は、自己を深く愛した。

そして、自己を愛するのと同じように、他人を愛した。

親が子を慈しむように、真心を込めて愛し抜いた。

彼の愛は、結局のところ、彼の命が終わるまで、本当の意味で受け入れられることは無かった。

ある者は彼を裏切り、ある者は彼を敵とみなして責めた。

そして彼に鞭打ち、茨の冠をかぶせて重い十字架を背負わせ、両手両足を釘で十字架に打ちつけた。

そして彼は、最後に槍で貫かれた。


彼の名はイエス。ナザレのイエス。


人々は初め、彼を救世主と呼んで称えたが、最後には拒否した。



彼は、愛するが故に、時に厳しかった。

見せかけだけの愛を見抜き、真実の愛を説いた。

形だけの愛ではなく、形にとらわれない愛を説いた。

彼は、どんな仕打ちを受けても、復讐などを微塵も考えたりしなかった。

彼は、どんなに拒絶されても、怒りなどを感じたりしなかった。

彼の心は愛で満ち溢れていた。

およそ人間が感じる肉体的苦痛の極限を超えてもなお、愛の方が勝った。


彼は最期まで、愛することを止めようとしなかった。

彼は最期まで、愛することから逃げ出そうとはしなかった。

彼は最期まで、愛を投げ出したりしなかった。


彼が生きている間、その大きすぎる愛は、本当の意味で理解されることはなかった。

しかし、彼は全身全霊をもって愛した。

真実の愛を体現した。

愛することにおいて、出し惜しみなどしなかった。

無条件の愛だった。

たとえ受け入れられなくても、拒絶されても、憎まれても、裏切られても、

そして殺される瞬間までも、彼は心から人を愛し続けた。

彼はただ、無邪気に、真剣に、心の底から、人を愛した。

ただ、愛した。


彼の魂は天に召されたが、彼の手には一輪のバラが握られていた。

20090513181924_img1_45.jpg


バラの花は真実の愛を意味していた。

しかし、バラの花には棘があった。

彼は、棘に刺されて傷つき、血を流してもなお、バラを手放さなかった。

彼は、棘もろとも、バラを愛した。

バラそのものを愛した。

真実の愛を、無条件の愛を、彼は身をもって人々に示した。



彼は、死の間際に、再来を約束した。

人々は彼の言葉を信じ、長い間、彼の再臨を待ち続けた。

そして彼は、人々の魂の底に蘇えった。

彼の魂は、キリスト意識と呼ばれる存在となり、全人類の魂の底に宿った。



彼は人々に語った。「私と同じことが、あなたにもできる」と。


彼が示した愛と同じものを、我々が受け継いでいることを教えるために。

彼は、人々の魂の底に、彼が示したものと同じ愛があることを知っていた。

彼は、人々の内にある愛を、肉の身を持って、形として示してくれた。


キリストの再臨は、目に見えるような形では訪れない。

それは、どこか遠くから、何かの乗り物に乗って空から降りてくるようなものではない。


救世主は、外からではなく、一人一人の心の中にやって来る。

キリストは、キリスト意識は、一人一人の心の中、魂の底に再臨する。

いや、既に再臨している。

それに気づくことが、はじめの一歩となる。


かつて、彼は語った。「私と同じことが、あなたにもできる」と。



受け入れられずとも、拒絶されても、たとえ憎まれてもなお、愛し続けること。

理解されなくても一向に構わず、何の条件も必要としない、無条件の愛。

何も求めない、何も必要としない、無償の愛。

何も求めず、ただ、愛を与えるのみ。

その愛は、決して憎しみなどに変質することがない。

その愛は、いつまでも変わることがなく、尽きることもない。

それこそが真実の愛。

その愛は、叶うことのない片想いにも似ている。




私達は、愛を学ぶために生まれてきた。

真実の愛とは何かを学ぶために。


真実の愛とは何かを知る時、そして、真実の愛を体現する時、

その時こそ、魂の底にキリストが再臨する。キリストの復活である。


バラの花を、その棘の故に嫌うことなく、手放すことなく、

たとえ傷つけられようとも、しっかりと握り続けること。


ボロボロになっても決して手放すことなく握り続けたバラの花。それは真実の愛。


その時、宇宙の全存在が祝福する。

「よくぞ真実の愛を示してくれました」と。

いつかバラは、胸一杯のバラの花束となっているだろう。

akabara2-1jpg.jpg


『ホ・オポノポノ』の体験談。

最初は、なんとなく心の中で四つの言葉を繰り返してみた。

ごめんなさい
許してください
ありがとう
愛してる


説明では、「感情を入れなくてもよくて、ただ繰り返すだけでよい」ということだった。

説明を読み返すと、視点を自分の内側に向けるということだった。

それでも実感が沸いて来なかったので、自分なりの方法を試みた。


「インナーチャイルド(内なる子供)」を癒すということで、小学六年生の自分をイメージした。


他人を疑うことを知らず、無邪気に人を信じて、好きになっていた子供だ。
クラス一の「ひょうきん者」で、よく友達を笑わせていた。
たまに真面目な顔をしていると、それがオカシイといって笑われるほどに。
電車では見ず知らずの女性へ気軽に声をかけるような人懐っこい子供だった。


その後に体験する、様々な失恋や失敗、悔しかったこと、悲しかったこと、辛かったこと・・・

それらの全てを、それぞれの年代の自分ではなく、「小学六年の自分」が体験するものとしてイメージした。


少女のように繊細で傷つきやすいクセに、行動力は人一倍あった。
恋愛においては、いつも真正面から突撃しては、その都度、玉砕していた。

好きになればなるほど、高度を増した崖から飛び降りて地面に激突するようなものだった。


戦国時代、敵陣に切り込んでいく武将の背中にくくりつけられた子供

神風特攻隊の後部座席に座らされた子供


・・・そんなイメージが浮かんできた。


泣き叫んでいた。「怖いよう、怖いよう・・・」と言って。

ある時は顔が恐怖に引きつっていた。

涙も枯れ果てて呆然としている時もあった。

爆撃で一瞬にして両親を失い呆然自失とする子供のような顔だった。

また、ある時は、たった一人で暗い夜道に放り出されるようなイメージも浮かんだ。

孤立していた頃だ。

友達とわいわい楽しく過ごしたかったのに、いきなり寒風吹きすさぶ荒野に放り出されたようなものだ。

どんなに孤独で辛かったことか・・・


・・・そうしてイメージして追体験した場面のどれもが、「内なる子供」にとっては過酷な出来事だった。


そして、それらの過酷な体験を必死に我慢する「小学生の自分」をイメージしたら、涙がこみあげてきた。

「辛かったなぁ、悲しかったなぁ、寂しかったなぁ・・・ごめん・・・ごめんな・・・」

もはや、「ごめん」という言葉しか出てこなかった。

とにかく、心の中で子供の自分に対して必死に謝り、思い切り抱きしめた。

胸をかきむしるような切なさで、心の中の子供をいとおしんだ。



ただ、人を愛し、愛されたいと渇望する子供の俺・・・



「もう大丈夫。俺は絶対にお前を見捨てるようなことはしないから」

「俺がついてるから・・・愛してるから・・・」

「ごめんなぁ、すまんかったなぁ・・・許しちくりぃ・・・・ありがとうな・・・愛しちょるけんな!」


内なる子供の俺に、標準語ではなく、「大分弁」で、心を込めて語りかけた。





何かが、柔らかくほぐれたような気がした。

張り詰めていたものが、少し緩んだような感覚・・・


これが『癒す』ということなのかも知れないと思った。





夜、一人で車を運転しながら、再び語りかけた。過去の出来事を感情移入しながら追体験した。

最後にはハンドルを叩いて泣き叫んでいた・・・子供のように。

ずっと押し込めていた気持ちを、少しだけ解放できたような気がした。



長い間、真っ暗な押入れに入れられて恐怖におびえていた子供が、ようやく外に連れ出されたのかも知れない。

ずっと泣き叫んでいたのに、誰にも気づかれず一人で耐え忍んでいた、子供の自分・・・



いつまで続ければ本当に癒されるのかは分からないが、心を込めて癒してあげようと思った。




Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。