FC2ブログ

ブログ全記事表示


最近の記事


プロフィール

ジ ン ガ

Author:ジ ン ガ
1966年12月3日 土曜日生まれ
射手座、B型、動物占いではコアラ

好奇心旺盛、外出好き
涙もろい、おっちょこちょい
ロマンチスト、熱血漢
女性に対しては不器用

生まれも育ちも「大分県」
県南の、フグで有名な城下町に住む

★好きなもの色々
日の出、日の入り、富士山、雷、稲妻、入道雲、台風、荒波、夜明け前の時間(ミッドナイトブルーの時間)、一人旅、夏、海、海水浴、月夜の海、山のてっぺん、激流、静かな湖、滝、虎、馬、ワシ、ウルトラセブン、ゴジラ、かき氷、チョコレートパフェ、きなこ餅、トコロテン、アジのみりん干し、梅酒、天空の城ラピュタ、坂本竜馬、織田信長、勝海舟、スサノオノミコト、占い色々、人混みの中、コーヒー、キャンプ、群青色、焚き火の炎、水の中から見た空、虹、長い一本道、喫茶店、一人で過ごす時間、神社参詣

★プチ自慢
いつでもどこでもすぐ寝られる
食べ物に好き嫌いがない(味覚が鈍い?)
両耳と眉毛と鼻の穴を同時に動かせる
ロイヤルホストで13時間ねぱった事がある
立ち読み連続10時間(座らずに)

★その他いろいろ
カバラ数秘術では誕生数1、姓名数3(または4)

九星は「七赤金星」
宿曜星は「翼宿」
Kin39:青い宇宙の嵐
昭和41年、丙午(ひのえうま)
(人口ピラミッドの“くびれ”の部分)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分の道を歩け

十人が横一列に並び、同じ道を歩いている。

左端の者は、この道でいいかどうか迷っていたが、

右隣の者の自信ありげな顔を見て、安心して歩き続けている。

ところが右隣の者は、そのまた右隣の者を見て確認しながら歩いている。

さて、それでは右端の者はどうか。

彼は自分の進む道に確信を持っていた。

何故ならば、彼の左隣の者が絶対の自信を持って歩いているからである。

みんなが同じ方を向いているからといって、それが絶対に正しい訳ではない。

数の多い少ないでは、本当の正しさは証明できない。

つい最近まで、ほとんど全員、地球が丸いとは思っていなかった。

外に頼らず、自分の内の声を聞きつつ、自分の道を歩けば、例えそれがどんな結果になろうと、後悔はしないはずだ。他の責任にはしないはずだ。

この世に本当の意味で失敗はない。成功もない。ただ経験があるのみ。

人はみな、生まれてから死ぬまで、それぞれの道を、ただ独りで歩いている。

例外はない。

だから、自分の道は自分で選び、自分で決め、自分の足で、自分一人で歩け。

この世で最も確かなもの、それは自分自身の心の声だけである。

自分の道は自分しか歩けない。

他人の道を歩くことも、他人に自分の道を歩いてもらうこともできない。

最初から最後まで、自分にとことん付き合うのは、自分しかない。

周りがどうであろうと左右されずに、自分の道をしっかりと歩け。

人間のすることに間違った選択はない。

人間が行動できるものは全て正しい選択である。

絶対にしてはならないことは、思うことすらできない。

他人に合わせて、他人に確認しながら歩く者は、自分の人生に責任を持てない者だ。

自分の人生に責任を持つということは、すべてを自分で決めることだ。

外に頼らないことだ。

人や本や宗教に頼らず、ただ自分の心に従って歩きはじめる時、本当の 意味での自分の人生がはじまる。

自分の人生を他人の手に委ねてはならない。

一切の干渉を受け付けず、一切の助言を聞かず、この地上に人間はただ独りであるかのごとく生きれば、真実が見えてくる。

自分の道を歩きながら経験することは、どんなことでも、すべてが永遠の宝となる。

他人の言う事を聞いて、他人の言うままに、他人の望む道を歩いている者よ。

おまえの道はどこにあるのだ。おまえの人生はどこにあるのだ。

他人の言う事を聞いている暇はない。おまえの人生は短いのだ。

サイの角のように、ただ独り歩け。

野中の一本杉のように、ただ独り立て。

空高く舞う鳶のように、ただ独りあれ。

ただ独り、自分の道を歩け。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jinga1.blog102.fc2.com/tb.php/11-f7d603f5


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。