FC2ブログ

ブログ全記事表示


最近の記事


プロフィール

ジ ン ガ

Author:ジ ン ガ
1966年12月3日 土曜日生まれ
射手座、B型、動物占いではコアラ

好奇心旺盛、外出好き
涙もろい、おっちょこちょい
ロマンチスト、熱血漢
女性に対しては不器用

生まれも育ちも「大分県」
県南の、フグで有名な城下町に住む

★好きなもの色々
日の出、日の入り、富士山、雷、稲妻、入道雲、台風、荒波、夜明け前の時間(ミッドナイトブルーの時間)、一人旅、夏、海、海水浴、月夜の海、山のてっぺん、激流、静かな湖、滝、虎、馬、ワシ、ウルトラセブン、ゴジラ、かき氷、チョコレートパフェ、きなこ餅、トコロテン、アジのみりん干し、梅酒、天空の城ラピュタ、坂本竜馬、織田信長、勝海舟、スサノオノミコト、占い色々、人混みの中、コーヒー、キャンプ、群青色、焚き火の炎、水の中から見た空、虹、長い一本道、喫茶店、一人で過ごす時間、神社参詣

★プチ自慢
いつでもどこでもすぐ寝られる
食べ物に好き嫌いがない(味覚が鈍い?)
両耳と眉毛と鼻の穴を同時に動かせる
ロイヤルホストで13時間ねぱった事がある
立ち読み連続10時間(座らずに)

★その他いろいろ
カバラ数秘術では誕生数1、姓名数3(または4)

九星は「七赤金星」
宿曜星は「翼宿」
Kin39:青い宇宙の嵐
昭和41年、丙午(ひのえうま)
(人口ピラミッドの“くびれ”の部分)


人類のアンカー

遥か遠い祖先から私達まで、気が遠くなるほどの時間をかけて受け継がれてきた「命のたすき」

今、私達は人類の最終走者として「命のたすき」を預かっている

祖先達が命を賭けて守り抜いてきた「命のたすき」の重さを考えたことがあるだろうか

ある者はその為に自らの命を投げ出し
ある者はその為に耐えがたきを耐え抜いた

そうした、とてつもなく重い「命のたすき」をかけて、今、私達は生きている

今、地球上に生きている全ての人が、オリンピックの聖火ランナーと同じように「命の火」を灯している

嵐の時も雨の時も決して絶やすことなく守られてきた「命の火」

その火を遡れば、神に辿り付く

神から与えられた命の火を、こんにちまで守り続けてくれた人々がいたからこそ今の私達がいる

自然界の中にあっては、人間一人の「命の火」の、なんと小さいことか、なんと弱々しいことか

それでもなお、数え切れない苦心の末に
今、私達のところまで「命の火」は消えずに残っているのだ

自分の命を大事にするという事は、自分以外の命も大事にするという事であり、自分につながる全ての祖先の思いを大事にし、尊び、受け継ぐ事なのだ

それは即ち神の意志を我が意志とすることだ



私達一人一人は、人類のアンカーだ



つまづいても転んでも倒れてもなお、一歩一歩前に進むしかない
失敗しても傷ついても苦しくても、途中でリタイアする訳にはいかない

私達は一人であって一人ではない
私達の背後には、過去の全人類がいるのだ

すべては、今、この時の為に、周到に準備されてきたのだ

自分にはその任が重いと思うかも知れないが、自分にしかできない役割があるのだ

できないと思っても、無理だ不可能だと感じても、もはや後には引けない

逃げることはできない
他人に代わることはできない
あくまで自分自身がやり通すしかない

一人一人がかけがえのない大事な命なのだ

あなたでなければ「あなた」という穴は埋められないのだ
「あなた」という穴は、あなた以外の者では駄目なのだ

倒れたら起きればいい
間違えば一から出直せばいい

どんなことがあっても、進むことをやめなければ、必ずゴールはあるのだ
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jinga1.blog102.fc2.com/tb.php/110-81fe27a7


Powered by FC2 Blog