FC2ブログ

ブログ全記事表示


最近の記事


プロフィール

ジ ン ガ

Author:ジ ン ガ
1966年12月3日 土曜日生まれ
射手座、B型、動物占いではコアラ

好奇心旺盛、外出好き
涙もろい、おっちょこちょい
ロマンチスト、熱血漢
女性に対しては不器用

生まれも育ちも「大分県」
県南の、フグで有名な城下町に住む

★好きなもの色々
日の出、日の入り、富士山、雷、稲妻、入道雲、台風、荒波、夜明け前の時間(ミッドナイトブルーの時間)、一人旅、夏、海、海水浴、月夜の海、山のてっぺん、激流、静かな湖、滝、虎、馬、ワシ、ウルトラセブン、ゴジラ、かき氷、チョコレートパフェ、きなこ餅、トコロテン、アジのみりん干し、梅酒、天空の城ラピュタ、坂本竜馬、織田信長、勝海舟、スサノオノミコト、占い色々、人混みの中、コーヒー、キャンプ、群青色、焚き火の炎、水の中から見た空、虹、長い一本道、喫茶店、一人で過ごす時間、神社参詣

★プチ自慢
いつでもどこでもすぐ寝られる
食べ物に好き嫌いがない(味覚が鈍い?)
両耳と眉毛と鼻の穴を同時に動かせる
ロイヤルホストで13時間ねぱった事がある
立ち読み連続10時間(座らずに)

★その他いろいろ
カバラ数秘術では誕生数1、姓名数3(または4)

九星は「七赤金星」
宿曜星は「翼宿」
Kin39:青い宇宙の嵐
昭和41年、丙午(ひのえうま)
(人口ピラミッドの“くびれ”の部分)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
“この世に偶然はない”

つまり、我々が遭遇する出来事や体験には、偶然なものなどなく、何らかの意味があるということ。

今回、強烈な「片思い」&「失恋」を体験させていただいた女性との出会いについて、その意味するところを考えてみた。


なぜ、これほど強く惹かれたのか
なぜ、彼女と出会う必要があったのか
なぜ、彼女なのか
なぜ、今なのか

・・・その答えが出た。

それは、彼女が自分にとっての「クリーニングパートナー」だということだ。恐らく、「お互い」にとって。



俺は過去に「強烈な失恋」を経験している。

それは「猛烈」、あるいは「壮絶」と言ってもいい。
文字通り、「目の前が真っ暗」になる体験をした。

中学生の時、1ヵ月だけ付き合った女の子がいた。
その後、同じ高校に入り、また好きになった。
相手もそういう気分になった時期があったらしいが、結局、お互いのタイミングが合わなかった。
それでも、ずっと想い続けてきた。一途に思い続けた。本当に好きだったから。

高校三年の時、そんな俺を、よほどうるさく思ったのか、彼女から突然呼び出されて言われた。

「いい加減にしてよ!」
「あんたのせいで、私の人生メチャクチャやわ!!」

強烈な衝撃を受けた。純情多感な高校生にとって、これ以上の打撃があるだろうか。

この世で最も好きな相手から与えられた、最大にして最高に衝撃的な言葉である。


・・・心が粉々に砕けた。砕け散ったといってもいい。



その後、大学に進学して、何度か恋もしたが、持ち前の不器用さで、ことごとく告白&玉砕。

大学四年の時、福岡にある彼女のアパートを突き止めることが出来たので、フラリと訪ねてみた。
彼女に会うのは、高校卒業以来である。懐かしさがこみ上げてきた。
あんな言葉を浴びせられていながら、まだどこかで彼女を愛していたのだろう。

四年ぶりに彼女に逢えると思うと、胸が高鳴った。
ほんの少し、顔を見るだけで良かった。それでけで良かった。

呼び鈴を押したが、返事がない。どうやら不在のようだ。
長い間、ドアの前で彼女の帰りを待っていた。日が暮れてきた。

すると突然、二人の警察官が俺の前に現れた。

俺は最初、全く意味が分からなかった。

どうやら、彼女が父親(刑事)に電話で知らせたらしい。
その父親から警察に通報され、警察官が来たのだ。
その警察官に両脇を挟まれた俺は、抵抗するすべもなく、アパート近くの路上まで連れて行かれた。

聞けば、「アパートの前に変な人がいて怖いから排除して欲しい」みたいな要請があったようだ。

ドアの覗き穴からは、俺の顔がハッキリ見えるはずだ。そういう位置に座って居た。

つまり・・・彼女は最初から家に居たということだ。

そして、俺に逢いたくなくて、俺の顔すら見たくなくて、俺を「排除」するために父親に電話して、警察官を寄越したらしい。



警察官から事情を聞かされ、すべてを理解した時、あまりのショックに目の前が「真っ暗」になった。

文字通り、真っ暗である。何も見えないのだ。目をつぶった訳ではない。

視界が闇で覆われ、地面がグラリと揺れるような感覚になり、その場に立っていることが出来なくなって膝を落とした。

ドラマなどで、たまに見る、「あまりのショックに呆然自失として両膝をガクンと落とした状態」である。
それを自分が実際に体験するとは思わなかった。


そんな俺の様子を見て、悪質なストーカーや変質者とはほど遠い、一人の哀れな男と判断した警察官は、派出所へ連行することなく、やさしい言葉をかけてくれ、その場で解放してくれた。

もはや、涙も出ないくらい、完膚なきまでに打ちのめされた。

それほどまでに俺のことが嫌いだったとは知らなかった。

その衝撃は、測り知れないほど強く、そして容赦なく俺の心を引き裂いた。

その後、どうやって帰ったのか、よく覚えていない。

ボロボロに傷ついた心は、時間とともに癒されるのを待つしかなかった。




・・・さて、ここで「クリーニングパートナー」の話に戻る。


人を好きになった時の、あの独特の感覚。しかも強烈な片思い&失恋。

ある意味、「忌まわしい」とさえ言える「過去の記憶」を呼び起こすかのような胸の高鳴り。


その意味は・・・いま一度、自分の心を「癒す」必要があったのではないか。

癒されないまま、時間とともに忘れ去られた心の傷を、もう一度えぐり出し、キチンと手当てをする必要があったのではなかろうか・・・と考えた。


自分でも気づかないうちに、あの出来事が「トラウマ」となっていたのかも知れない。


そして、「癒されるべきトラウマ」とは何か・・・考えた。

『真剣に人を好きになってはいけない』
『人を心から愛してはいけない』
『真心なんて通用しない』
『純粋な思いの強さではなく、要領のいい奴が得をする』

・・・自己分析してみると、こんな言葉が出てきた。

悲しすぎる過去の体験から、心の「自己防衛反応」として培われた信念である。

『心の壁』と言ってもいい。



今回、これをキチンと癒すために出逢ったのが「クリーニングパートナー」なのではないか。

そして、お互いに「癒されない心の傷」を抱えている者同士が出会ったのではないか。

今回、好きになった女性は、離婚経験者である。

だから、同じ心の傷を持つ者同士が出逢った・・・そんな気がする。


では、どうやって心の傷を癒すのか。

それは次回の日記で説明しようと思う。


スポンサーサイト

コメント

はじめまして。なかなか熱いお方のようですね。真日本建国を見て、こちらに来ました。まさか同じ大分県だとは、思いませんでした。

コメントありがとうございます。

はい。実は、ちょっと「暑苦しい」オヤジです。
よろしく~♪

やっぱし時代は,「ばかかしらん?」で,
「よか役ばっかしできんのよ」なんよ(笑)。

>おいどん さん

ざっと20年前の記憶です。

今回初めて文章にして表に出しました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jinga1.blog102.fc2.com/tb.php/135-23308bb8


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。