FC2ブログ

ブログ全記事表示


最近の記事


プロフィール

ジ ン ガ

Author:ジ ン ガ
1966年12月3日 土曜日生まれ
射手座、B型、動物占いではコアラ

好奇心旺盛、外出好き
涙もろい、おっちょこちょい
ロマンチスト、熱血漢
女性に対しては不器用

生まれも育ちも「大分県」
県南の、フグで有名な城下町に住む

★好きなもの色々
日の出、日の入り、富士山、雷、稲妻、入道雲、台風、荒波、夜明け前の時間(ミッドナイトブルーの時間)、一人旅、夏、海、海水浴、月夜の海、山のてっぺん、激流、静かな湖、滝、虎、馬、ワシ、ウルトラセブン、ゴジラ、かき氷、チョコレートパフェ、きなこ餅、トコロテン、アジのみりん干し、梅酒、天空の城ラピュタ、坂本竜馬、織田信長、勝海舟、スサノオノミコト、占い色々、人混みの中、コーヒー、キャンプ、群青色、焚き火の炎、水の中から見た空、虹、長い一本道、喫茶店、一人で過ごす時間、神社参詣

★プチ自慢
いつでもどこでもすぐ寝られる
食べ物に好き嫌いがない(味覚が鈍い?)
両耳と眉毛と鼻の穴を同時に動かせる
ロイヤルホストで13時間ねぱった事がある
立ち読み連続10時間(座らずに)

★その他いろいろ
カバラ数秘術では誕生数1、姓名数3(または4)

九星は「七赤金星」
宿曜星は「翼宿」
Kin39:青い宇宙の嵐
昭和41年、丙午(ひのえうま)
(人口ピラミッドの“くびれ”の部分)


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ホ・オポノポノ』の体験談。

最初は、なんとなく心の中で四つの言葉を繰り返してみた。

ごめんなさい
許してください
ありがとう
愛してる


説明では、「感情を入れなくてもよくて、ただ繰り返すだけでよい」ということだった。

説明を読み返すと、視点を自分の内側に向けるということだった。

それでも実感が沸いて来なかったので、自分なりの方法を試みた。


「インナーチャイルド(内なる子供)」を癒すということで、小学六年生の自分をイメージした。


他人を疑うことを知らず、無邪気に人を信じて、好きになっていた子供だ。
クラス一の「ひょうきん者」で、よく友達を笑わせていた。
たまに真面目な顔をしていると、それがオカシイといって笑われるほどに。
電車では見ず知らずの女性へ気軽に声をかけるような人懐っこい子供だった。


その後に体験する、様々な失恋や失敗、悔しかったこと、悲しかったこと、辛かったこと・・・

それらの全てを、それぞれの年代の自分ではなく、「小学六年の自分」が体験するものとしてイメージした。


少女のように繊細で傷つきやすいクセに、行動力は人一倍あった。
恋愛においては、いつも真正面から突撃しては、その都度、玉砕していた。

好きになればなるほど、高度を増した崖から飛び降りて地面に激突するようなものだった。


戦国時代、敵陣に切り込んでいく武将の背中にくくりつけられた子供

神風特攻隊の後部座席に座らされた子供


・・・そんなイメージが浮かんできた。


泣き叫んでいた。「怖いよう、怖いよう・・・」と言って。

ある時は顔が恐怖に引きつっていた。

涙も枯れ果てて呆然としている時もあった。

爆撃で一瞬にして両親を失い呆然自失とする子供のような顔だった。

また、ある時は、たった一人で暗い夜道に放り出されるようなイメージも浮かんだ。

孤立していた頃だ。

友達とわいわい楽しく過ごしたかったのに、いきなり寒風吹きすさぶ荒野に放り出されたようなものだ。

どんなに孤独で辛かったことか・・・


・・・そうしてイメージして追体験した場面のどれもが、「内なる子供」にとっては過酷な出来事だった。


そして、それらの過酷な体験を必死に我慢する「小学生の自分」をイメージしたら、涙がこみあげてきた。

「辛かったなぁ、悲しかったなぁ、寂しかったなぁ・・・ごめん・・・ごめんな・・・」

もはや、「ごめん」という言葉しか出てこなかった。

とにかく、心の中で子供の自分に対して必死に謝り、思い切り抱きしめた。

胸をかきむしるような切なさで、心の中の子供をいとおしんだ。



ただ、人を愛し、愛されたいと渇望する子供の俺・・・



「もう大丈夫。俺は絶対にお前を見捨てるようなことはしないから」

「俺がついてるから・・・愛してるから・・・」

「ごめんなぁ、すまんかったなぁ・・・許しちくりぃ・・・・ありがとうな・・・愛しちょるけんな!」


内なる子供の俺に、標準語ではなく、「大分弁」で、心を込めて語りかけた。





何かが、柔らかくほぐれたような気がした。

張り詰めていたものが、少し緩んだような感覚・・・


これが『癒す』ということなのかも知れないと思った。





夜、一人で車を運転しながら、再び語りかけた。過去の出来事を感情移入しながら追体験した。

最後にはハンドルを叩いて泣き叫んでいた・・・子供のように。

ずっと押し込めていた気持ちを、少しだけ解放できたような気がした。



長い間、真っ暗な押入れに入れられて恐怖におびえていた子供が、ようやく外に連れ出されたのかも知れない。

ずっと泣き叫んでいたのに、誰にも気づかれず一人で耐え忍んでいた、子供の自分・・・



いつまで続ければ本当に癒されるのかは分からないが、心を込めて癒してあげようと思った。



スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jinga1.blog102.fc2.com/tb.php/137-74c43383


Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。