FC2ブログ

ブログ全記事表示


最近の記事


プロフィール

ジ ン ガ

Author:ジ ン ガ
1966年12月3日 土曜日生まれ
射手座、B型、動物占いではコアラ

好奇心旺盛、外出好き
涙もろい、おっちょこちょい
ロマンチスト、熱血漢
女性に対しては不器用

生まれも育ちも「大分県」
県南の、フグで有名な城下町に住む

★好きなもの色々
日の出、日の入り、富士山、雷、稲妻、入道雲、台風、荒波、夜明け前の時間(ミッドナイトブルーの時間)、一人旅、夏、海、海水浴、月夜の海、山のてっぺん、激流、静かな湖、滝、虎、馬、ワシ、ウルトラセブン、ゴジラ、かき氷、チョコレートパフェ、きなこ餅、トコロテン、アジのみりん干し、梅酒、天空の城ラピュタ、坂本竜馬、織田信長、勝海舟、スサノオノミコト、占い色々、人混みの中、コーヒー、キャンプ、群青色、焚き火の炎、水の中から見た空、虹、長い一本道、喫茶店、一人で過ごす時間、神社参詣

★プチ自慢
いつでもどこでもすぐ寝られる
食べ物に好き嫌いがない(味覚が鈍い?)
両耳と眉毛と鼻の穴を同時に動かせる
ロイヤルホストで13時間ねぱった事がある
立ち読み連続10時間(座らずに)

★その他いろいろ
カバラ数秘術では誕生数1、姓名数3(または4)

九星は「七赤金星」
宿曜星は「翼宿」
Kin39:青い宇宙の嵐
昭和41年、丙午(ひのえうま)
(人口ピラミッドの“くびれ”の部分)


男と女が出会った。

二人の心に、何かが芽生えた。

小さな薔薇の蕾。

そのまま大事に育くめば、大きな花を咲かせるかもしれない・・・

そんな予感は、あった。


b186c03f92fff1e8cc362ec28dadbf53.jpg


しかし、男はいきなり、薔薇の蕾をむしり取った。

そして一方的に別れを告げた。

女は突然のことに驚き、心を痛め、辛さを訴えて男を責めた。



男には、既に妻子がいた。

だから、女と二人で薔薇の花を咲かせる訳にはいかなかった。

男は、摘み取った蕾を、そっと自分だけの心の庭に植えた。

そこは、誰も知らない、自分だけの心の花園。






男は、心の中で女に深く詫びた。

そして静かに決意した。

「お前だけに辛い思いはさせない。痛みや苦しみは、お前の分まで俺が引き受けてやる」




男の心の花園に植えられた小さな薔薇の蕾は、

いつか花を咲かせることがあるのだろうか。

それとも、時と共に枯れ果ててゆくのか。



たとえ花を咲かせたとしても、誰一人、一緒に愛でる者などいない。

男は今日も、一人静かに薔薇の蕾を見守っている。

かすかな痛みとともに。


20090610041932cfb.jpg



スポンサーサイト



コメント

良い経験

一瞬で凍りついたバラ、一握りでもみ崩されたようそれも、言葉で。残念で仕方ない、これは私自身の体験。魂のお付き合いが出来ると信じていたのに、パートナーの嫉妬を手に取るように感じたのと、妻の本心を聞いていた私は、かわいそうだぁ~と。私は争い事を好まない性分、そんな経験、良い経験をしました。

クリーニングパートナー

>和 さん

何気なく深~いコメントをありがとうございます。

誰しも、色んな経験を積んで磨かれていくんですね。
その人と出会わなければ決して気づかなかったような部分を、嫌でも目の前に突きつけられてしまいます。
だから、そういう相手のことを「クニングパートナー」って言うらしいですね。

そこで逃げてしまえば、また同じシナリオのドラマが配役を代えて行われます。

でもって、人生最大のクリーニングパートナーが配偶者なんだと(笑)

そして、失敗も成功もなく、ただ「体験」があるだけなんだということも、今回改めて学びました。

いろんな出来事も学びであって、魂磨きですね。出来事は全て必要な出来事、出会いに本当に感謝である事をしみじみ思いながら、ジンガさんのブログと自分の出来事をダブらせてみました。物語のご夫婦に本当の幸、多き事を祈りつつ。

>和 さん

本当は感謝しかないはずなんですよね。

たとえそれが、どんなに嫌な人との出逢いであっても。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://jinga1.blog102.fc2.com/tb.php/139-23402ed3


Powered by FC2 Blog