FC2ブログ

ブログ全記事表示


最近の記事


プロフィール

ジ ン ガ

Author:ジ ン ガ
1966年12月3日 土曜日生まれ
射手座、B型、動物占いではコアラ

好奇心旺盛、外出好き
涙もろい、おっちょこちょい
ロマンチスト、熱血漢
女性に対しては不器用

生まれも育ちも「大分県」
県南の、フグで有名な城下町に住む

★好きなもの色々
日の出、日の入り、富士山、雷、稲妻、入道雲、台風、荒波、夜明け前の時間(ミッドナイトブルーの時間)、一人旅、夏、海、海水浴、月夜の海、山のてっぺん、激流、静かな湖、滝、虎、馬、ワシ、ウルトラセブン、ゴジラ、かき氷、チョコレートパフェ、きなこ餅、トコロテン、アジのみりん干し、梅酒、天空の城ラピュタ、坂本竜馬、織田信長、勝海舟、スサノオノミコト、占い色々、人混みの中、コーヒー、キャンプ、群青色、焚き火の炎、水の中から見た空、虹、長い一本道、喫茶店、一人で過ごす時間、神社参詣

★プチ自慢
いつでもどこでもすぐ寝られる
食べ物に好き嫌いがない(味覚が鈍い?)
両耳と眉毛と鼻の穴を同時に動かせる
ロイヤルホストで13時間ねぱった事がある
立ち読み連続10時間(座らずに)

★その他いろいろ
カバラ数秘術では誕生数1、姓名数3(または4)

九星は「七赤金星」
宿曜星は「翼宿」
Kin39:青い宇宙の嵐
昭和41年、丙午(ひのえうま)
(人口ピラミッドの“くびれ”の部分)


トラウマをはじめとする、様々な「癒されざる心の傷」・・・

それらを解決する方法として、今、あちこちで注目されている手法が「ホ・オポノポノ」である。

I'm sorry     ごめんなさい
Please forgive me 許してね
I love you     愛してる(大切だよ)
Thank you     ありがとう

端的に言えば、この四つの言葉を、ただ繰り返すだけで、自分自身が癒され、それに連動して他人も癒されるというもの。

この中でも特に、「愛している」には、他の三つも含まれているらしく、これだけでもいいということらしい。



「ホ・オポノポノ」そのものは、以前から知ってはいた。

しかし、自分には必要ないと思っていた。

「俺には心の傷などない」と。

あったとしても、既に癒されているものとばかり思い込んでいた。

だが、それは自分の思い込みに過ぎないことが分かった。

過去の体験により、人は、様々な出来事に対して、自分なりの「心のクセ」というものを作り上げてしまう。

今回、過去の失恋によるトラウマとして、「女性に対する反応のクセ」が出来上がってしまっていたことに、改めて気づかされた。

そのトラウマを解消する手段として、最も効果的な手法の一つが「ホ・オポノポノ」だと思う。

他にも手段はあるだろうとは思うが、まず、この「ホ・オポノポノ」を実践してみようと思い立った。


やったらどうなるのか、どんな変化が起きるのか、本当に効果があるのかは、やってみないと分からない。


ここで詳しく説明するよりも、以下のリンクに詳しく説明があるので、興味のある方は参照してほしい。


↓ 「ホ・オポノポノ」と「クリーニングパートナー」についての記載あり

宮崎ますみのブログ

ホ・オポノポノを愛する精神科医のブログ

ホ・オポノポノ アジア事務局オフィシャルサイト

Ho’ o ponoponoとは何か(言葉の意味)

<以下、紹介文を転載>  
転載元 http://plaza.rakuten.co.jp/ishikawamakio/diary/200702070000/

 http://yogananda.cc/health/hooponopono.html

「奇跡の癒し」ホ・オポノポノについての物語です。
私は二年前に、ハワイに住む一人のセラピストの話を聞いた。
その人は触法精神障害者(注釈:刑法罰に問われる犯罪を侵したものの、 精神障害を理由に不起訴、減刑、あるいは無罪となった人のこと) の病棟に収容されていた人たち全員を、 誰一人直接診察することなく癒したそうだ。
そのセラピストは患者のカルテを読み、 「自分が」どのようにして その人の病気を創りだしたのかを理解するために、 自分の内側を見たのだそうだ。そして、彼が自分自身を癒すにつれて、患者も改善したという。

最初にこの話を聞いたとき、都市伝説だと思った。 自分自身を癒すことによって 他の誰かを癒すなんてことがどうやってできるだろう? 最高の自己改善の達人であったとしても、 どうやって犯罪を侵すようなひどい精神障害者を癒すことができるだろう?
私には理解できなかった。 論理的な話ではなかったので当時の私は受け入れなかった。

しかし、一年後に同じ話をまた聞くことになった。 セラピストはホ・オポノポノというハワイの癒しのプロセスを使ったのだという。 初めて聞くものだったが、忘れることができなかった。
もしその話が本当なら、 私はもっと知らなければならなかった。

私は「完全な責任」とは、私の言動に対する責任は私にあるという意味だと前々から理解していた。一方で、 他人の言動のことは、自分の管理を離れていると。ほとんどの人たちは完全な責任というものを そのように考えているのではないかと思う。私たちは自分の行いに対して責任があるのであって、他の人の行いに対してではない。精神病の人々を癒したハワイのセラピストは、 私に「完全な責任」についてのより発展した新しい観点を教えてくれることになった。

彼の名はイハレアカラ ヒュー レン 博士。 私たちは最初の電話でたぶん一時間は話しただろう。 彼にセラピストとしての仕事の全貌を 語ってくれるようお願いした。 彼はハワイ州立病院で4年間働いたことを話してくれた。 触法精神障害者を収容していた病棟は危険なところで、 心理学者は月単位でやめていき、 職員はよく病欠の電話をかけてきて、やめていく人もいたそうだ。人々がその病棟内を歩くときには、患者に攻撃されないように壁に背中をくっつけて通ったらしい。それは生活するにも働くにも訪ねるにも心地よい場所ではなかった。

レン博士は実際には、一度も患者を直接には診なかったのだそうだ。
彼は自分の診療室を持ち、その部屋で患者のカルテに目を通すことに合意した。
それらのファイルを見ながら、彼は自分自身に働きかけた。そして彼が自分自身に働きかけるにつれて、患者に癒しが起きはじめた。

「2、3月後には、以前は手足を縛られていた患者たちが、自由に歩くことを許可されていました」と彼は言った。 「多量の投薬が必要だった人たちは、投薬をやめつつありました。そして退院の見込みのなかった人たちが退院していったのです。」

私は畏敬の念に打たれた。

「それだけではありません」彼は続けた。 「職員が仕事に来ることを楽しみ始めたのです。常習的欠勤や退職は消え去りました。患者は退院していくし、職員全員が仕事に来るようになったので、最後には必要以上の人数の職員が残りました。現在、その病棟は閉鎖されています。」

ここで私は問わなければ気がすまなかった。「それらの人々に変化をもたらすようなどんな事を、あなたは自分自身の中で行っていたのですか?」

「私は彼らを創りだした自分の中の部分(パート)を癒していただけです」と彼は言いました。

最初、私には分からなかった。

レン博士は説明した。「あなたの人生への完全な責任とは、あなたの人生の中の全てが単にそれがあなたの人生に存在しているというだけの理由であなたの責任なのだ」と。文字どおりの意味で、全世界があなたの創造なのだと。

ヒャー。これはなかなか納得できるものではない。自分の言動が自分の責任だということと、 私の人生におけるあらゆる人の言動の責任が私にあるというのは全く別の話ではないか。それにもかかわらず、実際のところは、もしあなたが自分の人生の全責任を負うならば、あなたが見たり、聞いたり、触れたり、その他どんな方法であれ、あなたが経験する全てがあなたの責任なのだ。それはあなたの人生の中にあるのだから。

これはつまり、テロリストの活動、大統領の決断、経済活動など、あなたが経験していて好きではないことを癒すのは、あなた次第だということである。言ってみれば、それらは存在してはいないのだ。あなたの内面からの投影である以外には。問題は彼らに関するものではなく、あなたに関するものであり、それを変えるには、あなたはあなたを変えなくてはいけないのだ。

このことは把握するのも難しく、ましてやそれを受け入れて実際に生きることはもっと難しいとわかっている。非難のほうが、完全な責任よりもはるかに簡単である。しかし、レン博士と話すにつれて私は気づき始めた。 彼にとっての癒し、そしてホ・オポノポノにおける癒しとは、あなた自身を愛することなのだと。あなたが自分の人生を改善したければ、あなたは自分の人生を癒さなければならない。もしあなたが誰かを癒したければたとえそれが精神障害を持った犯罪者であっても? あなたはそれを、自分自身を癒すことによって行うのだ。

どのようにして自分自身を癒すことに取り組んでいたのかと私はレン博士にたずねた。患者のカルテを見ていたときに、彼は具体的には何をしていたのだろう?

「私はただ『ごめんなさい(I'm sorry)』と 愛しています(I love you)』を何度も何度も言い続けていただけです」と彼は話した。

That's it? それだけ?

That's it. それだけです。

つまり、あなた自身を愛することが、あなた自身を好転させる最も素晴らしい方法であり、あなた自身を好転させるにつれて、あなたはあなたの世界をも好転させるということだ。 (キリスト教では、これと同じ事を「何よりもまず私を愛しなさい」という神様の言葉として説明している)

これがどのように機能するかの簡単な例をあげてみよう。
ある日、誰かが私を不愉快にさせるメールを送ってきた。過去そういう時には、私は自分に感情的な反応を引き起こすものについてワークしたり、あるいは意地悪なメッセージを送ってきた人に理を説こうとすることで処理したものだった。

今回私はレン博士のメソッドを試すことにした。私は「ごめんなさい」と「愛しています」を
声に出さずに言い続けた。特定の誰かに向かって言ったわけではなかった。私はただ愛の精神を呼び起こし、この外側の状況を創り出した自分の中を癒そうとしただけだった。

一時間もしないうちに同じ人からメールが来た。彼はさっきのメッセージについて謝罪していた。
私は謝ってもらうために 外側に何も働きかけをしていないことを覚えておいてほしい。 私は返事すら書いていなかったのだ。にもかかわらず、「愛しています」と言うことで、私はどういうわけか彼という存在をこの世界にあらしめていたていた 自分の内側を癒すことができた。

その後、私はレン博士が開いたホ・オポノポノのワークショップに参加した。 彼は今では70歳で、優しい祖父のようなシャーマンと見なされていて、少々引きこもりがちである。 彼は私の著書『The Attractor Factor』をほめてくれた。私が自分を向上させるにつれて、私の本の波動が上がり、人々が本を読むときに皆それを感じるだろうと彼は語った。

要するに、私が向上すると、私の読者も向上するということだ。

すでに売られて外に出ている本についてはどうなんですか?と私はたずねた。

「それらの本は外にあるのではないよ。」 と彼は述べた。
彼が持つ神秘の知恵に私はとても驚いた。「それらの本は未だにあなたの中にあるんだ」

つまり、外なんてないということだ ! !

この高度な技術を、それが値する深さとともに説明しようとしたら、
本が一冊書けるだろう。あえて言うなら、あなたがあなたの人生の中のどんなものでも改善したいのなら、見るべき場所はただひとつ、あなたの中である、ということだ。

"When you look, do it with love."
「あなたが見る時は、愛をもって見るように」

追補:レン博士のメソッドでは、4つの言葉を繰り返すことで自分を癒すということです。
その言葉とは
1 "I love you"(愛しています)、
2 "I'm sorry"(ごめんなさい)、
3 "Please forgive me"(許してください)
4 "Thank you"(ありがとうございます)
です。これらの4つの言葉を 内なる「The Divine(神)」に対して言います。
これらの言葉は、自分を浄化するための言葉で、これらの言葉を繰り返す際には必ずしも感情を伴わなくても良いとレン博士は言っているということです。
けれども、とにかく心の底に届くまで、何度も何度も繰り返すのだそうです。

私はこの話しを教えてくれた兄弟と、私たちの創造主に心からの感謝を捧げます。



<転載終わり>

“この世に偶然はない”

つまり、我々が遭遇する出来事や体験には、偶然なものなどなく、何らかの意味があるということ。

今回、強烈な「片思い」&「失恋」を体験させていただいた女性との出会いについて、その意味するところを考えてみた。


なぜ、これほど強く惹かれたのか
なぜ、彼女と出会う必要があったのか
なぜ、彼女なのか
なぜ、今なのか

・・・その答えが出た。

それは、彼女が自分にとっての「クリーニングパートナー」だということだ。恐らく、「お互い」にとって。



俺は過去に「強烈な失恋」を経験している。

それは「猛烈」、あるいは「壮絶」と言ってもいい。
文字通り、「目の前が真っ暗」になる体験をした。

中学生の時、1ヵ月だけ付き合った女の子がいた。
その後、同じ高校に入り、また好きになった。
相手もそういう気分になった時期があったらしいが、結局、お互いのタイミングが合わなかった。
それでも、ずっと想い続けてきた。一途に思い続けた。本当に好きだったから。

高校三年の時、そんな俺を、よほどうるさく思ったのか、彼女から突然呼び出されて言われた。

「いい加減にしてよ!」
「あんたのせいで、私の人生メチャクチャやわ!!」

強烈な衝撃を受けた。純情多感な高校生にとって、これ以上の打撃があるだろうか。

この世で最も好きな相手から与えられた、最大にして最高に衝撃的な言葉である。


・・・心が粉々に砕けた。砕け散ったといってもいい。



その後、大学に進学して、何度か恋もしたが、持ち前の不器用さで、ことごとく告白&玉砕。

大学四年の時、福岡にある彼女のアパートを突き止めることが出来たので、フラリと訪ねてみた。
彼女に会うのは、高校卒業以来である。懐かしさがこみ上げてきた。
あんな言葉を浴びせられていながら、まだどこかで彼女を愛していたのだろう。

四年ぶりに彼女に逢えると思うと、胸が高鳴った。
ほんの少し、顔を見るだけで良かった。それでけで良かった。

呼び鈴を押したが、返事がない。どうやら不在のようだ。
長い間、ドアの前で彼女の帰りを待っていた。日が暮れてきた。

すると突然、二人の警察官が俺の前に現れた。

俺は最初、全く意味が分からなかった。

どうやら、彼女が父親(刑事)に電話で知らせたらしい。
その父親から警察に通報され、警察官が来たのだ。
その警察官に両脇を挟まれた俺は、抵抗するすべもなく、アパート近くの路上まで連れて行かれた。

聞けば、「アパートの前に変な人がいて怖いから排除して欲しい」みたいな要請があったようだ。

ドアの覗き穴からは、俺の顔がハッキリ見えるはずだ。そういう位置に座って居た。

つまり・・・彼女は最初から家に居たということだ。

そして、俺に逢いたくなくて、俺の顔すら見たくなくて、俺を「排除」するために父親に電話して、警察官を寄越したらしい。



警察官から事情を聞かされ、すべてを理解した時、あまりのショックに目の前が「真っ暗」になった。

文字通り、真っ暗である。何も見えないのだ。目をつぶった訳ではない。

視界が闇で覆われ、地面がグラリと揺れるような感覚になり、その場に立っていることが出来なくなって膝を落とした。

ドラマなどで、たまに見る、「あまりのショックに呆然自失として両膝をガクンと落とした状態」である。
それを自分が実際に体験するとは思わなかった。


そんな俺の様子を見て、悪質なストーカーや変質者とはほど遠い、一人の哀れな男と判断した警察官は、派出所へ連行することなく、やさしい言葉をかけてくれ、その場で解放してくれた。

もはや、涙も出ないくらい、完膚なきまでに打ちのめされた。

それほどまでに俺のことが嫌いだったとは知らなかった。

その衝撃は、測り知れないほど強く、そして容赦なく俺の心を引き裂いた。

その後、どうやって帰ったのか、よく覚えていない。

ボロボロに傷ついた心は、時間とともに癒されるのを待つしかなかった。




・・・さて、ここで「クリーニングパートナー」の話に戻る。


人を好きになった時の、あの独特の感覚。しかも強烈な片思い&失恋。

ある意味、「忌まわしい」とさえ言える「過去の記憶」を呼び起こすかのような胸の高鳴り。


その意味は・・・いま一度、自分の心を「癒す」必要があったのではないか。

癒されないまま、時間とともに忘れ去られた心の傷を、もう一度えぐり出し、キチンと手当てをする必要があったのではなかろうか・・・と考えた。


自分でも気づかないうちに、あの出来事が「トラウマ」となっていたのかも知れない。


そして、「癒されるべきトラウマ」とは何か・・・考えた。

『真剣に人を好きになってはいけない』
『人を心から愛してはいけない』
『真心なんて通用しない』
『純粋な思いの強さではなく、要領のいい奴が得をする』

・・・自己分析してみると、こんな言葉が出てきた。

悲しすぎる過去の体験から、心の「自己防衛反応」として培われた信念である。

『心の壁』と言ってもいい。



今回、これをキチンと癒すために出逢ったのが「クリーニングパートナー」なのではないか。

そして、お互いに「癒されない心の傷」を抱えている者同士が出会ったのではないか。

今回、好きになった女性は、離婚経験者である。

だから、同じ心の傷を持つ者同士が出逢った・・・そんな気がする。


では、どうやって心の傷を癒すのか。

それは次回の日記で説明しようと思う。


転校生の気持ち

ほんの数日前(厳密には1月4日)、片思いの相手から「もう電話もして欲しくない」という内容のメールを受け取った。

その日は、深夜まで一人で落ち込んでいた。


そして、今夜(厳密には1月5日)、とある団体の役員会に出席した。

その団体のメンバーは、地元の若い衆である。

色んなキャラクターの面々が集まり、色んな話をする。

話の中身は大真面目なのだが、メンバーの中には天然ボケもいたりして、時おりチンプンカンプンなことを言う。

そこを、すかさず誰かがツッコミを入れたりする。

和気藹々とした話し合いだ。



その場に居て、突然、「ハッ!」と理解した。



この「場」というのは、実に居心地がいい。

肩肘張らずに、のびのびしとていられる。

余計な見栄を張ることも無く、重苦しい雰囲気にもならない。



そうか・・・



彼女は、こういう「空気」が好きだったんだ。大好きだったんだ。

それを理解してあげられずに、一方的に追い詰めて、追い出そうとしていたのは、俺だ。

彼女の仕事の上で、特に何かが得られる訳ではないけれど、それでも「仲間」というものが、どれだけ心の支えになることか・・・・

俺は全く分かっていなかった。

そんな彼女の気持ちを、仲間を大事に思う気持ちを、何一つ分かってあげようとせず、ただ、一方的に、「よかれ」と思ってしたアドバイスは、実は、大きなお世話だったことに、今、気づいた。



あと数ヶ月で、仕事の都合により、その団体から退会する彼女の寂しさ・・・

気持ちのいい仲間と離れ離れになる辛さ・・・

そういうものを理解しようとしなかった。



卒業式を前にして転校が決まった生徒を、「早く、向こうの学校になじんだ方がいいから」と言って、追い出すようなマネをしてしまった。

彼女にしてみれば、担任の先生から「転校するなら早く転校しろ。とっとと、この学校から出て行け」と言われたようなものだ。


どんなにショックだったろう。

どんなに悲しかったことだろう。



本当は転校なんかしたくないのに。

もっと仲間と一緒にいたかったのに。

もっと色んな想い出を作りたかったのに。

同級生と一緒に卒業したかったのに。



それなのに・・・




俺は、なんという大馬鹿野郎だ!!


自分一人で勝手に思いつめた挙句、彼女の気持ちを考えず、事務的な冷たい対応をしてしまった。

元はといえば、俺が彼女を好きになってしまったから、その気持ちを早く伝えたくて、でも、立場上、伝えられないのが苦しくて、それで彼女に冷たい仕打ちをして、早く転校させようとした・・・

それもこれも、自分の思いを告げたいがために・・・自分のことしか考えていなかった。


なんという身勝手

なんという自己中



・・・つくづく、バカな奴だ、俺は。



今、ようやく、「転校生の気持ち」に気づいた。




もう、遅いかもしれない。

彼女の傷ついた心は、癒せないかもしれない。



どうしよう

どうしたらいい?



やはり、きちんと謝ろう。話はそれからだ。

E3808CE38194E38281E38293E381AAE38195E38184E3808D.png

ごめんなさい。

46636s1.jpg




人を好きになるのに、年齢は関係ない。

年齢どころか、独身か既婚か、恋人の有無も関係無いのかも知れない。



ただ、好きになる。

好きになってしまう。



その気持ちに嘘や偽りは微塵も無い。


ただ、出会うタイミングが噛みあわなかったとしか、言いようが無い。



人を好きになるということ。

こればっかりは打算や計算や理屈や理性の入り込む余地は無い。


ある日、突然に・・・または、気がついたら、いつの間にか・・・


胸の奥から湧き上がる思いは、日増しに強くなるばかり。

重荷を背負い込んで、どうすることもできない。

軽くなるどころか、重さは次第に増していく。

真剣になればなるほど、不器用で不様になっていく。

スマートさのカケラもない。

不恰好で無粋な独りよがり。

結局のところ、重くなりすぎた荷物を、背負いきれなくなって相手の玄関先にドカンと降ろす。

相手にとっては迷惑なこと、この上ない。

迷惑は承知で、気持ちを届ける。

ひたむきに、純粋な気持ちを搾り出し、溢れる思いを朴訥に語る。

小細工などを弄する余裕もなく、ただ、真正面から気持ちをぶつける。




ただ、好きですと思いを告げる。

相手には何も求めない。

そして、立ち去る。


そうやって、自分なりのケジメをつける。





しかし、よくよく考えれば、それすらも、相手にとっては迷惑な話だ。



いま、一つの恋が終わった。

いや、無理矢理終わらせたというべきか・・・



思いを告げると同時に、別れを告げた。



相手に対しては、申し訳ない気持ちで一杯だ。


今はただ、謝りたい。

許してもらえなくても、今の自分には、それしか出来ない。






   ご  め  ん  



   ほんとうに・・・ 



   ご  め  ん  



立て。そして歩め

hasu-3.jpg

立て

いつまでも立ち止まるな

どんなに美しい花であろうと

それは束の間の景色にしか過ぎない

その花がお前の終着点ではないのだ

長い道のりで出会う

ひと時のオアシス

喉を潤したら

立て

そして歩きだせ


お前の行く手には

まだ数多くの壁が立ちはだかり

あまたの誘惑が待ち受けている

それらの全てを雄々しく打ち破り

蹴散らして進め

何も恐れるものはないのだ

お前の真の力の前に

立ち塞がりうる何ものも ありはしない

お前の内に秘められた

恐るべき力を 解き放て

しかし決して その力に呑み込まれるな

自分の意志でコントロールするのだ


お前は、それをやるために生まれてきたのだ

お前にしか出来ないことがある

他の誰にも お前の代わりは務まらない

お前だけが それを成し遂げるのだ

それがお前の使命であり

お前が生まれてきた意味だと知れ


さあ、立て

そして歩め

お前の道はまだ先へと続いているのだ


その道の向こうには

誰かがお前を待っている

誰かがお前を必要としている

お前を頼りにしている



さあ、行け

お前の道を

お前だけの道を



Powered by FC2 Blog